京都の夏は暑いらしい。大人になってから気づいた夏のこと

※本サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日暑い日が続いています。

夏なので暑いのは当然なのですが、県外から京都に来た友人達が言うのは

京都は暑い

会うたびに言うので、もはや枕詞のようになっています。

会うと第一声が「京都暑い」。

ネットを見ても

・汗だくの関取に囲まれたような気候

・39℃に蒸されたタオルを当てられた気候

など色々言われています。

この暑さは全国的なものだと思っていたのですが、そうではないということを知ったのはここ数年の話です。

京都が暑いのは盆地だから、というのが一番の理由らしいです。

夏の日差しは暑く、盆地のせいで湿気が抜けにくい。

風もあまりないので、湿気た空気がもわもわと立ち込めている状態とのことです。

長年周囲の人が「暑いというか湿気がもわっとする」と言われてきたのですが、正直私はこの「湿気がもわっとする」感じが理解できていませんでした。

なぜなら、生まれた時から夏の暑さは「湿気がもわっとする」のが込みだったからです。

夏に旅行へ行くこともありましたが、行くのは山か海。

どの涼しかったり空気の流れが良かったりする地域なので、旅行先が特別な気候なのだと思っていました。

「湿度」というものをようやく理解したのは数年前。

夏の大阪へ行った時、川べりを歩いている時に吹いた風がカラッとしていたのです。

京都の夏の風とは違い、軽い感じ。

この時、初めて

あれが湿気でもわっとしている状態か!

と気づきました。

とは言え、ニュースを見ても「今日は全国的に猛暑日」と言われています。

京都だけじゃなくて全国暑いんじゃないの?

と未だに思ってます。

なので、水道から出る水がぬるま湯なのも夏ゆえにだと思うのですが、他の地域ではどうなのでしょう?

最近見つけた京都駅の地下道のポスター。

京都の夏は格別暑いのかもしれないけれど、決して楽しんではいないぞ。

楽天ROOMもあります

参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常
ごうの日々ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました