よくわからないままのビーツで甘いものを作る

※本サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
ごはんのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日購入したビーツ。

スイーツにも使えるようなのでレシピを探したら、出てくるのはミキサーが必要なものが多い。

ミキサーもブレンダーもない中、思いついたのはコンポート

とりあえず、砂糖を入れた水で長く煮込んだら、それなりのものになるのでは?と思って実行しました。

ビーツのコンポートを作ってみる

ビーツを食べやすい大きさに切ります。

鍋に水150cc、砂糖40gを入れて火にかけ、沸騰したらビーツを入れます。

クッキングシートを被せて弱火で30分ほど煮込みます。

耐熱容器に入れて、粗熱を取って冷蔵庫で冷やせば出来上がり。

コンポートにはバニラアイス、という勝手な思い込みでアイスを買ってきました。

まずはビーツのコンポートのみ実食。

しっかり火が通ってやわらかく、どことなくフキのようなしっかりした食感。

昨日のボルシチもそうですが、じっくり煮込んだ方が私は好みです。

長時間煮込んでも型崩れしないのも良い。

単独で食べるとほんのりと甘いのですが、どことなく土くささが残っている感じがします。

アイスと一緒に食べると・・・

何か良い感じ

独特の風味は消えて、アイスの甘さを程よく中和して合っています。

どうやら、ビーツは単品で食べるよりも色々な食材と一緒に食べる方が向いているみたい。

これなら生クリームと合わせてサンドイッチカスタードクリームと合わせてクレープとも良いかもしれません。

明日はクレープを試してみることにしましょう。

ビーツは抗酸化作用が高かったり、含まれている成分にむくみ解消に働きかけてくれるものがあったりと私に必要な成分がたっぷり入っているようです。

できるだけ美味しく食べられる方法を見つけて、定番で食べられるようにしたいです。

ネットでも売っているみたいですが、一人暮らしで2kgは多いな・・・

きょうのおべんとう

  • 鶏もも肉となすの炒めもの
  • キャベツの酢漬け
  • レンチンかぼちゃ

半分だけ残ったなす。

ちょうどいい量なので鶏もも肉と一緒に炒めました。

味付けは酢:しょうゆを1:1で合わせて、砂糖を少しだけ入れたもの。

加熱するとお酢特有の酸味が飛ぶので食べやすくなります。

少し味が濃い目なので、キャベツの酢漬けとも合います。

お酢には殺菌効果があるといわれているので、暑い夏場のお弁当にもいいおかずです。

クエン酸効果で疲れも取れるといいな〜

楽天ROOMもあります

参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごはんのこと
ごうの日々ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました